ストレスときちんと向き合う

ストレスには大きく2つの原因がある

システムエンジニアの仕事をしている人たちは、どのような不安やストレスを抱えているのでしょうか。
将来的に技術の発達についていけるのか、いつまで働いていられるのかなど、様々なことが挙げられます。
細かいところを挙げていくと終わりが見えなくなり、さらに嫌になりそうですが、それはどの仕事でも同じことです。
自分の思い通りに仕事ができたら、これほど楽なことはないですよね。

ここではシステムエンジニアでのストレスはどのようなものなのかを2つに分けてみましょう。
まずは、『仕事のプレッシャー』です。
エンジニアの仕事をしている人たちはとても真面目な人が多いです。
そのため、仕事がその人に集中して過労となり、周囲の期待に応えなければと自信にプレッシャーをかけ過ぎた結果に、過度のストレスをため込んでしまうのです。
もう少し楽な考え方で仕事ができればいいのですが、特にエンジニアの仕事をしている人はそれは難しい話のようです。

もう一つは『職場の人間関係』になります。
技術は日々進歩しています。となると、年齢を重ねていくうちに新しい技術についていく気力が次第に低下していきます。
また、若手でも熟練でも結果がすべてですので、熟練だからといって実力が若手より下回ってしまうと給料が上がらないといった部分が出てきてしまいます。
それによって職場の人間関係が和気あいあいとしたものではなく、それが理由でうつ病になってはもともこうもありません。
もし自分に危機感を抱いたら、コチラの【ストレスに負けないシステムエンジニアになろう 】サイトが、現状打破のヒントになるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です