ストレスときちんと向き合う

ストレスフリーな環境に取り組む企業

システムエンジニアに求められるものは、スキルだけではありません。
肉体的、精神的なタフさも非常に重要な要素になります。
エンジニア業務は基本的にコンピュータと長時間向き合って作業をします。
また、作業も深夜に及ぶこともあり、納期間近だと徹夜作業ということも珍しくありません。

しかし、こういった生活をしていると肉体的にも精神的にもストレスが溜まっていきます。
まだ肉体的なストレスであれば、十分な休息をとればある程度解消できるでしょうが、精神的ストレスは本人の自覚があまりなく中々解消できません。
そのため、このIT業界ではうつ病などの精神疾患者が多く蔓延している実態があり、こういった病気は中々元通りにはなりません。
精神病は一度治っても、職場に復帰した直後また再発するという恐れもあります。
一度精神を患うと、日常生活に支障をきたすレベルにまで達することもありえます。
こういった実態をIT企業も重く受け止め、カウンセリング体制の充実や、リフレッシュ休暇などのサポート体制の拡充を図っています。

しかし、まだまだうつ病に陥る人は減少しません。
なぜIT業界に精神病が蔓延しているかというと、長時間の対機械に面する仕事環境、頭脳労働の比重が高いことによる脳への負担、対人コミュニケーションの少なさが挙げられます。
IT企業の人事部は人材選びにスキルだけを重視していてはいけません。
肉体的、精神的なタフさが備わっているかも見抜くことが非常に重要になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です